年収と借り入れの制限

2006年に改正された貸金業法によって規定された総量規制とは、個人の貸金業者からの借り入れを年収の3分の1までに制限するという法律です。それまで社会的な問題となっていたサラ金問題を解決するのが目的です。この総量規制で注意するべきポイントがいくつかあります。

 

まず、この法律はひとつの業者からの借り入れだけでなく、複数の業者の借り入れの合計額に適用されるということです。この規制によって年収600万円の人の限度額は200万円となりますが、その200万円が1つの業者からでも、4つの業者から50万円ずつでも、どちらの場合も新たな借入は制限されることになります。

 

どうしてもお金が必要な場合に、担保や保証人を用意したらどうでしょうか。担保や保証人を用意しても年収の3分の1を超えてキャッシングを利用することはできません。どのような場合でも貸金業者からの借り入れは年収の3分の1に制限されます。

 

もしも、制限を超えるようなお金を貸した場合には、貸金業者が罰せられることになります。その際に、借り手側には罰則のようなものはありません。ただし、この法律が適用されるのは貸金業者からの借り入れだけであり、銀行からの借り入れについては適用されません。

 

ですから、すでに貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社)から制限いっぱいまでお金を借りていたとしても、銀行からは新たに融資を受けることができます。