銀行との違いも理解する

金融機関が発行するカードなどを利用して、手軽にお金を借りることをキャッシングといいます。基本的には借金ですから、返済する時には金利をつけて返すことになります。金融機関によって金利の大きさが違いますから、利用する時にはなるべく金利の低いところを選ぶのが鉄則です。

 

誰でもキャッシングを利用できるというわけではなく、利用するためには金融機関に申し込みをして審査を受けねばなりません。なぜ金融機関が審査をするかというと、借り主に返済能力があるかどうかを確かめるためです。

 

そのために定職に就いているかどうか、給与はどのくらいもらっているか、住所はどこか、などについて知る必要があるのです。

 

金融機関によって審査の緩いところ、厳しいところがあります。一般的に銀行は厳しくて、消費者金融などは緩くなっています。その反面、金利は消費者金融の方が高めに設定されています。審査が通れば、すぐに借り入れの申し込みをすることができます。

 

電話でもパソコンのインターネットでも申し込めるため、とても便利です。しかも借り入れたお金は自分の口座に振り込んでくれるので、近所のコンビニのATMを利用して引き出すことができるのです。このように非常に便利に簡単に必要なお金を借りることが出来るため、多くの人に利用されています。